自分の周りでもかに通販でかにを買

自分の周りでも、かに通販でかにを買うのが当たり前だということが続いています。

なんと言っても、最近のネット通販の普及はものおもったより、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送して貰えるためです。最近は通販でも、生のかにをあつかうことが増えているので、もう、かにが食べたくなったら、スーパーやデパートに行く気はなく、まずはかに通販、が当たり前になっているんです。

皆さんはどのかにを食べたいですか。

国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。毛蟹も、どこの国でもよく知られています。

その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさが通の味ともいわれています。

身や味噌の味といえば、ズワイガニもよく知られた種類です。もちろん産地によっても味は異なり、それぞれに好きな方がいます。

近海でかにが獲れる時期になればおみせでも、かにに目が行ってしまうものです。

寒いときにみんなで囲むかに鍋は誰でも笑顔になれます。

そこで、もし時間とチャンスがあれば、近所のスーパーからかにを買うのではなく、早起きして、市場へ買いに行くとより新鮮なかにに出会えるでしょう。

ちょっと時間はかかりますが、通販で買うのもお勧めの方法です。お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。

そのかにを買う際には気をつけて下さいね。それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。多くの人はそうだったかも知れませんが、おみせの人の見る目を安易に信じてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかも知れません。

生鮮食品を贈るワケですから、信頼関係のあるおみせで買いましょう。そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選ぶ方法に注意すべきです。

蟹と言っても種類により、選ぶ方法に違いがあります。

買いたい蟹がズワイ蟹だった場合には、見るポイント、それは腹側です。

ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、アメ色をしているものを選ぶのがいいでしょう。

あわせて、いいものは甲羅が硬いです。多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、写真でしか商品を見ることができてず、直接確認できないことが真っ先に挙げられます。実際のおみせであれば、蟹の新鮮さや身の詰まり具合も確認できますし、店頭で味見ができる場合もよくあります。蟹の茹で方、塩加減などでも味が変わってくるため、好みに合う味付けの店を「行き付け」にすることもできます。

通販にはない利点です。

蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、実際の店舗に及ばない部分もあるので、よく考えて利用しましょう。かにがある食卓を見れば、ぱっと明るくなるという記憶をたいていの方がお持ちでしょう。

とりワケ丸ごとのかにを見れば、みんなが笑顔になったはずです。かにの産地でない限り、地元のスーパーでは常時丸ごとのかにを売ることはないでしょう。少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと安い、新鮮、規格を選べるという利点があるので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメスです。

どちらかといえば、松葉ガニより小さめサイズが多いですが産卵期前で、卵を抱えていておいしさもひとしおなので、松葉ガニにはない味をもとめる方も根強くいます。

かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか獲れる許可がおりないため、その貴重さは際立っています。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、瀬戸内海で蟹といえばこれをさします。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが基本的な楽しみ方です。また、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、目利きが難しく、誤ると殆ど身の入っておらず味が悪い場合もあり、注意が必要ですね。ならば、美味い毛蟹の見分け方はどういう方法なのでしょう。

購入場所が店頭である場合はより重いものを身の詰まったオイシイものとして選べばいいのですが、店頭ではなく通販で実際に商品に接することができてないときには、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることが上手に手に入れるために必要なことです。

コメントは停止中です。

美味しい蟹を選びましょう