今では蟹を買うのも通販が主流。蟹通販な

今では蟹を買うのも通販が主流。

蟹通販なら、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。

しかし便利である反面、蟹通販業者の数は多く、どこで買うかによって価格や送料が大聴く異なるため、少しでもお得な業者を選びたいものです。

多くの通販ホームページを眺めていくと、格安に蟹を取り寄せることができる業者もあるでしょう。しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、蟹の品質、そのおみせの信頼性などの項目を十分確かめてから利用しましょう。

蟹好きな人って多いですよね。

うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹も家族を差し置いて一人でたいらげてしまうくらいです。最近は子供達もおやじさんにつられて蟹好きになってきたので、家族みんなで美味しい蟹を楽しみたいものだと思います。

そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。

これは、殻を取り除いた蟹の足をたくさん詰め込んだもので、特に蟹鍋などをする場合には、その通り鍋に入れるだけなので楽チンです。殻が剥いてあることによって、小さい子ともにも食べやすいので、気軽に蟹を味わいつくすことが可能です。

お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、気をつけてちょーだいね。それはただ一つ、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

多くの人はそうだったかもしれませんが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。大切な方に贈るかにならば、十分信頼できるおみせを選んでちょーだい。モズクガニは意外とメジャーなかにです。実は、あの上海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)ガニと同族になるかにです。

ヒョウ柄にも似た背中の模様が特性で、大聴くても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズとして出回っています。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

食用がにとしては、昔から日本各地でいろいろな料理にされています。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは実は水揚げできる時期が限られています。それは何となくというと、解禁日と言うものがあるからです。無秩序な乱獲を防ぐためにも、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、漁をその期間のみに抑えるという取り決めになっているのです。

蟹の旬を逃さないためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大切だとおぼえておきましょう。

ギフトとしても人気のある蟹。

家族や友人知人に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。

しかし、考えなしに送るのは危険です。水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。時間が経つと風味や味わいも落ちていく上、場合によっては、おなかを壊してしまうケースも考えられるのです。最悪の事態を招かないためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることも忘れてはなりません。

ご馳走の代表格である蟹。

蟹といえば、とにかく種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)が多いですよね。

触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みもバラバラだといえますから、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、蟹の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)や呼び名、その特性を知っておくことも肝要であると言えるでしょう。

色々ある種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)のなかでも、特に人気のものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。

鉄則としては、サイズが大聴く、そして新鮮な蟹を選ぶことを基本としておぼえておきましょう。

蟹のブランドにも色々ありますが、私のおすすめは有名なズワイガニです。

蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。

ズワイガニを一度味わってしまえば、他の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。

ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)がありますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。ブランド蟹のタグが付いていれば、味や品質にはまずミスはありません。

蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。

かにの食べ放題は、まあまあよく見かけます。その味はどうかというと様々な方が様々な意見をお持ちのようです。

産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、専門店で食べ放題を行っているところはオイシイかにを食べ指せてくれるようです。一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところではかにの味は専門店に及ばないというのが常識です。

専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当にオイシイので、お近くにあれば、一度足を運んでちょーだい。お買い得品の代名詞となることの多い「理由あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。中でもかに通販の理由あり品とは、価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、そのわけによっては買う気にならない可能性も大有りだと思います。

判断はおみせ次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、大抵、大きすぎたり、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけじゃじかれるのです。商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようです。店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「理由あり品」転落ポイントです。

聞いているだけで申し理由ないような気分になってきました。余程のセレブでない限りあまり気にする必要なんてないですね。

理由ありかには、我が家の定番になるかもしれません。

コメントは停止中です。

美味しい蟹を選びましょう